昭和回顧録

  • 2019.05.11 Saturday
  • 12:55

こんにちは、リトルリーフです。
本日もご訪問有難うございます(^-^)

ブログの更新が五月に入ってもなかなかできずにすみませんでした…
連休とイベントが重なってバタバタしておりました。
ようやくひと段落ついた管理人です(^-^)
なので本日のブログも語ります。
どうぞ個人的に興味のない方はこの時点でそっとこのページを閉じて下さいね、
お願い致しますm(_ _)m

 

三年前の丁度この時期からお店に来てくれているPちゃんがいます。
Pちゃんは高校時代の同級生で、西岡に住んでるのは随分前からお互い知っていたのだけど、
ばったり道端で会って、管理人がチョコ屋をやっていると話してから、ちょくちょく来てくれる様になりました。

先日もわざわざ足を運んでくれて色々とお世話をしてくれました、いつもありがとうございますm(_ _)m
Pちゃんは現役の公務員ですが、二人のお子さんの母であり、良き妻であり、良き嫁であり・・・と心から尊敬しちゃうしっかり者の女性です。
高校時代から既にその頭角を現していて、野球部のマネージャーという大役を果たしていました。
ちなみにご主人はその時の主将なので、なれそめは管理人もよく知っているのです(^-^)

そんなPちゃん、先日娘さんと4丁目プラザに行ったら、高校時代の同級生Tちゃんらしき女性を見かけた、と言うのです。
Tちゃんらしき女性も娘さんを連れていて、向こうもPちゃんを意識していたらしいのですが、なんせ何十年も会っていないので
確信が持てなくて声を掛けそびれたと言うのです(@_@)

Pちゃん、この歳になったら羞恥心は捨てていいのよ・・・

 

時は遡り、昭和後期です。
とある高校の二年生の修学旅行です。
Pちゃんは修学旅行のとある班の班長さんでした。Pちゃんは前述の通り面倒見の良いお母さん的な存在でしたので適任でしたが、
その班に三人の手強い女子班員がいました。Tちゃん、Oちゃん、Yちゃんです。

もう時効かな、と思うので思い切って書いちゃいますが、当時は寝台の列車に乗って上野まで行くという気の遠くなるような道程でしたので、夜の寝台は、先生も生徒もどんちゃか酒盛りをしていました。(よい子のみなさんは真似をしないで下さいね)
勿論生徒の酒盛りが見つかると停学ものです(@_@)ですが、先生方々が先に出来上がっていたお陰で、生徒の異変を見抜けなかったんですね。
〜ある教諭などは、群を抜いて綺麗なOちゃんの横にべったり座ってまるで婦女子の接待の様な気分を味わっていたのでした。

旅館に着いてからのPちゃんは大変です(@_@)
手強い三人が人目を忍んでは煙草を吸ったり、お酒を飲んだり、部屋を脱走して何処かに行ってしまうからです。
見回りの先生が来るので、生きた心地がしなかったと言ってました。
日中も三人は勝手気ままに行動してしまうので、Pちゃんの心労はピークに達していた様です(@_@)
修学旅行最終日、Pちゃんはとうとう高熱を出してしまいました。

「修学旅行の思い出の写真に冷えピタシートを貼った写真が何枚かある」と、Pちゃんは悲しげに語っていました( T_T)\(^-^ )しかも、そのPちゃんに優しく労いの声を掛けたのは三人のうちのOちゃんだけでTちゃんとYちゃんは多分、

熱を出していた事も、心労に打ちひしがれていた事も覚えていないでしょう、とPちゃんがぽつりと言ってました。
 

4丁目プラザに居た女性こそがこの登場人物のTちゃんです。
そしてもう一人の登場人物Yちゃんが、この管理人です( ̄^ ̄)ゞ
本当にごめんね、Pちゃん!そして、やっぱり高熱の事は知らなかったよ、そんなYちゃんですが、これからもよろしくね!

ちなみにTちゃんとYちゃんの武勇伝は他にも沢山あるのですが、昭和の思い出と共にこのままそっと封印してしまいましょう…

それでは本日はこれにて失礼致します。皆様のご来店心よりお待ちしています!
こんな管理人ですがオーダーお待ちしています、m(_ _)m感謝。
リトルリーフでした!

いや、白地。

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 21:14

こんにちは、リトルリーフです。
本日もご訪問有難うございます(^-^)

 

二日続けての更新なんてどうしたの?と驚きの貴兄もおありかと思いますが、
今日はちょっと理解に苦しむ事がありまして、こちらに載せさせて頂きました。
どなたかご説明できる方がいらっしゃいましたら、ご回答をお願い致します。

 

と、いう訳で、この記事は「大とんちんかんワールド」です(^-^)

 

本日4月の2日でありながら西岡地区(正確にいいますと店界隈)は、わしゃわしゃと
雪が降ってきたのです。管理人は喜び庭かけまわるぐらいだったのですが、
出かける予定だった相方は機嫌が悪くなるくらいわしゃわしゃわしゃわしゃと、降ってきたのです。
「積もって来たね。」と二人・・・
ところがです、この二枚の画像を見てください!
じゃーん。

そうです、積もっているのはこの店の前だけなのです!

車道は抜きにして向かいの歩道とかはアスファルトが出てますでしょ????
どんな罰があたっているのか、リトルリーフ。
いったいどんな罪咎なのか・・・

 

「え、なんでだろ、ここ、ケガレチなのかな?」と管理人。
「ちょっと、自分の店のこと、ケガレチとか言っちゃうの?」と益々機嫌が悪くなる相方。

いや、白地。イヤシロチ・・・

 

以前、この店はどうもゼロ磁場っぽいという記事を載せたことがあると思うのですが、
ゼロ磁場と積雪って関係があるのでしょうか?
ちなみにいつも店の横に駐車している愛車の又吉さんは今年に入って3回目の不調で
点検に出されています(¬_¬)


そんなのどかな一日のリトルリーフでした。

与太話にお付き合いいただきまして有難うございました。

手短かではありますが、本日これにて失礼致します!
とんちんかん話へのご回答もお待ちしていますm(_ _)m感謝。
リトルリーフでした!

 

末広がりな話

  • 2018.05.18 Friday
  • 11:19

こんにちは、リトルリーフです。
本日もご訪問有難うございます!

 

と、ここまで来て下さった皆様。
これ以降の内容は管理人の戯言となっております。
商品の情報や、お店についての詳細が知りたい方にとっては
大変な時間の無駄となる可能性がありますので、宜しくお願い致します。
毎度すみません…(。-_-。)

 

先日の定休日。珍しく予定がなかったので娘と二人で福住西岡巡りをしました。
夕方まで遊んで帰路に着いた時のことです。
歩道のアスファルトと縁石の狭間辺りで何やら大きな昆虫がうごめいているのが目に入りました。
至近距離まで近づいてみると凄く綺麗なオレンジと黒の縞模様の羽虫(見た事がない程巨大)です。
でも弱っているらしくしきりに地面を這うばかり…悲しいかな沢山のアリ達が周囲を取り巻きはじめました。
アリは死の匂いを確実に嗅ぎとっています。
私と娘は足を止めてしばしその虫が何であるか見入っていました。

 

娘が手にスマホを持っていたので、「ねぇ、見た事ない虫だから写メして。」と頼んだのですが、
突然娘が逃げ出しました。かなり離れた距離に佇み、そこからカシャリ。
その時の写メはこれ(なんじゃこりゃって感じですよねー)。

で、私は道行く人(といっても森林に通じる道路なので二、三人の人たち)に不思議そうな目で
見られながらも観察を続けていたんです。
ずっとその虫が悲しげな目で「ねえ、助けて。」と訴えているようだったので…
何か甘い飲み物でも持っていたら良かったのかもしれませんがあいにく手ぶらで…(。-_-。)
ごめんね、って謝ってました。

娘は早く早くとせきたてながら半ば怒っています。後ろ髪を引かれながら虫を後にしたんですが…


娘に「何の虫かね、綺麗な色だったね〜アブかな、あんな大っきいの見た事ないよねー」と呑気に話しかけたんですけど、
娘は滅茶苦茶気味悪そうな顔をして小走りです。
「あの虫はアカンやつだ。気持ち悪くてトラウマになりそう…よくママ、見てられるね( *`ω´)」とプンプン丸です。

家に戻って早速iPadを取り出して画像を頼りにあの昆虫を検索しました。
これでした!

すみません、画像を無断でお借りしました。

見た事ありますか?管理人、お初だったんですけど…(。-_-。)
娘に見せると「ほらやっぱアカンやつやったやろ」と、まだ気持ち悪そうな気配です。

危険予知能力って言うんですかね…娘の直感。
私は皆無って事ですか?
確かに鮮やかな色の動植物は毒を持っているから危険と言われますよね。
これって年齢的な問題なのかなぁ…
と思いつつ、今でも「あたしを助けて…」といっていたオオスズメバチさんの大きな瞳が忘れられない管理人なのでした。

 

お若い方はこのブログのタイトルがなんで末広がりなの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね〜
日本漢字の八は末広がりといって縁起の良い数字とされているからなんですよ〜

八→8→蜂
知っていたら御免なさいね〜

本日も最後までお付き合いいただきまして有難うございました。
今週末もリトルリーフ、元気に商い中です。
ご来店心よりお待ちしています!


 

トウモロコシからプラレール

  • 2015.08.29 Saturday
  • 09:00
こんにちは、リトルリーフです。
本日もご訪問有難うございます(^∇^)

毎度の事ですが、またすっかり更新が滞ってしまってすみませんm(._.)m
この所、立て続けにお客様に「ブログ見てます。」「ブログの更新楽しみにしています」
とおっしゃって頂き、慌てて更新させていただきました。
あの・・・こんなブログでも良いのでしょうか?
殆どが管理人の徒然なる日記の様になっているのですが・・・

夏も終わりに近づき、管理人の大好きなトウモロコシの季節になりました。
スーパーの店先にも並んで、管理人、もう随分食しましたp(^_^)q
昨日も茹でトウモロコシ2本が管理人の夕飯になりました。幸せです。

トウモロコシといえば…あのホピ族ってご存知でしょうか?
ネイティブアメリカンの方達なのですが。
ご存知ない方はウィキペディアで詳細をお願い致します。

ひょんな事からなんですが、そのホピ族の伝統を守られている方達が、
晩年伝統を死守する為に広報誌を出版されていて、その和訳のサイトを発見したのです。
それに引き込まれてしまい、この数日ずっと拝読していました。(仕事してないんかい(; ̄ェ ̄))

そのホピの方達の主食がトウモロコシなんですよね、収穫の際の祭祀など、
本当に万物全てに感謝されてきた様子が伺えます。
私もトウモロコシの神様に感謝しながら無心に食しました(^∇^)

でも、決して楽しいお話ばかりじゃありません。
そのホピの方達からジワジワと、親切な顔をして土地から伝統から全てを取り上げてしまった
人達がいた事も書いてあります。
小さな頃、テレビでやってた西部劇。あれは取り上げた側が作った映画だったんですよね、
インディアンの方達はすっかり悪者に描かれてましたから。
そもそもインドじゃないのにインディアンなんて…

20年ほど前に活躍したブルーハーツというバンド。当時は全く興味なかったのですが、この所やけに耳に入って
きてまして、その方達の名曲「青空」。良かったら聴いてみて下さい・・・・

話が長くなっててすみませんm(._.)m

で、そのホピ族は遥か昔にグレートスピリッツと指導者「マーサウ」から、ホピの土地も伝統も失った時に
地球も破滅すると予言を預かって居るんです。(これは有名なホピ族の予言です)
そしてもう一つ預かって居るものに「聖なる石版」の片割れがあります。
その石版に描かれている内容が、旧約聖書のモーセの十戒に非常によく似ている気がするんです。
時代の背景に矛盾が生じているのですが・・・「ひょっとして 失われたアーク ではありませんか?」
などと管理人は想像してしまいました。
そしてホピ族伝統派が待ち望んでいる最後の希望、石版のもう一つの片割れを持つ兄弟の民族は何処に…
 to be continue

トウモロコシから壮大なスケールの話になってしまいました、すみませんm(._.)m

トウモロコシ → ホピ → ホビー → おもちゃ → プラレール

プラレール02

プラレールのケーキお作りしましたp(^_^)qじゃーん
プラレール01
黄色の列車はドクターイエローというらしいです。
心持、トウモロコシに見えてしまいます・・・

真ん中ははやぶさ、バックはこまち…実在するのかなぁ?鉄女じゃないのでゴメンなさい。

本当はもっとはっきりくっきりの綺麗なお色出せたらいいなぁと思うのですが…
やっぱりチョコペンや色粉は抵抗があって使えません。すみませんm(._.)m

こんなリトルリーフですが、宜しければお仕事お待ちしています。
精一杯やらせていただきます‼︎

本日これにて失礼致します。長々と有難うございました。

追伸:と終わりにしましたらなんと、トウモロコシを戴きましたぁ。シンクロです・・・

トウモロコシ
トウモロコシの神様、有難うございます。感謝。

 

新篠津の志賀農園さんと柚子陳皮

  • 2015.06.10 Wednesday
  • 10:54
こんにちは、リトルリーフです。
本日もご訪問ありがとうございます。

今朝は西岡八幡宮に参拝に寄ってからお店に出勤してきました。
エネルギーチャージしてもらいましたので、やる気全開の管理人です。

その道中、歩きながら今日何しようかな、って考えていましたら、
「志賀さんの事ご紹介したら?」ってリトル管理人が言うので(移籍をきめた本田選手か!)、
早速ブログの更新です。

3月から個人的に、お店にお米を届けていただいている農家さんがいます。
新篠津の志賀農園さんです。
出会いは、当店のホールケーキをオーダー頂いたことからでした。
連絡先が新篠津でしたので、お引取りにいらした時に色々とお聞きしたのです。

☆志賀さんの若奥様が月に一度、お義父様が一生懸命広められた「消費者さま」
一軒一軒にお米を届けていること。

☆志賀さんのお米は特別栽培米で、低農薬であること。

☆ホームページなどが一切ない事。

☆細腕一つで届けているので手広くは商売できないこと。
(発送するとその分金額的な負担が消費者さんに上乗せされますしね・・・)

などなど・・・
志賀農園さん
とりあえず「ななつぼし」10kg一袋4000円、出会いのその場で購入
してみました。
管理人宅は普段からスーパーなどで購入のななつぼしでしたので丁度良かったのです!

家に帰っていそいそと炊いてみました。
まづ、炊き上がりの匂いが違います。勿論、艶つや〜です。そしてもっちりかつ適度な粘りがあります。
でも!一番の違いは冷めてから。冷めてももっちりつやつやで、本当に同じ種類のお米なの?と思います。
我が家はおにぎりを作ることが多いので、その違いは歴然です。
あまりお米が得意ではなかった娘もこのお米になってから白米食に文句を言わなくなりました!

なので三人家族で一月15kg完食しています・・・

以前、息子が農場に興味があって、当人が色々情報を集めていたのですが、それによりますと、
いわゆる「有機栽培」とか「無農薬」とかいわれるものは規制があって農協などで
引き受けてもらえないのですね。
なので、そんな農家さんは自力で販路を開拓しなければならないと・・・

「奇跡のりんご」の木村さんの本も読みましたが、現在までの道程は本当に苦労の連続だった様ですし。

で、現在、北海道が、北海道内で有機栽培の試験区域というのを2,3箇所設けていて、たしか新篠津も
その一つだった筈です。
有機栽培とか無農薬とかいうものは難しくて、その農家さんがいくら農薬を使っていなくても廻りで
使っている場合は該当できないんですね・・・

北海道に住まわせてもらい、食にまつわる商いを営ませていただいている管理人としては
志賀農園さんに頑張っていただきたいな、と常々思っている次第です・・・
ご興味のある方は、お気軽に当店にお尋ねくださいね、分かる範疇でお答えします!(殆ど分からないだろが!)

そんな偽善者気分の管理人です。


本日最後にリトルリーフの今月のチョコレートのご紹介です。
「柚子陳皮」VOL.2です・・・
柚子陳皮
前回も柚子陳皮のチョコレート出したのですが、何せ皮が硬いので、すり潰すのに大変な労力を使いまして。
いつの間にか相方様がお蔵に入れてしまいました。
ですが、管理人がこっそりお蔵から引きずりだして参りました・・・
柚子の皮を適度な大きさまですり潰した後、少量のオレンジリキュールにつけて、ほんのりミルクを入れた
ビターテイストのチョコレートに混ぜ込みました。香りも食感も二重丸だと思います。
5個入り300円で並んでいます。とっても希少な物なので柚子陳皮なくなり次第終了です。
是非お試し下さいませ・・・
柚子陳皮
本日も長々とお付き合い有難うございました。
皆様のご来店、心よりお待ちしています。
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

波動の法則 ― 宇宙からのメッセージ
波動の法則 ― 宇宙からのメッセージ (JUGEMレビュー »)
足立 育朗
最近、また読み返しています。読み返す度に理解が高まっていきます。

recommend

未来の智恵シリーズ2 波動の報告書 −足立育朗の世界−
未来の智恵シリーズ2 波動の報告書 −足立育朗の世界− (JUGEMレビュー »)
小林 正観
足立育朗さんの波動の法則をとてもわかりやすく解説しています!足立さん入門にオススメです。

recommend

四つの約束
四つの約束 (JUGEMレビュー »)
ドン・ミゲル ルイス
最近読み返してみたら、序文の部分がとてもよく理解できて驚きました。ティオテワカンのナワールの血をひくシャーマンのお話です。

recommend

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール,Eckhart Tolle,あさり みちこ,飯田 史彦
穴があくほど読んだ書籍です。内容が理解できるようになったのは通読三回目位から・・・

recommend

宇宙船 天空に満つる日―「宇宙からの黙示録」完結編
宇宙船 天空に満つる日―「宇宙からの黙示録」完結編 (JUGEMレビュー »)
渡辺 大起,山本 耕一
オイカイワタチにピンときたら・・・
宇宙の清掃人「ワンダラー」についてと地球の未来についてが書かれています。

recommend

真 地球の歴史 波動の法則2
真 地球の歴史 波動の法則2 (JUGEMレビュー »)
足立育朗(編・著)
この時期になって、ようやく足立さんのいってらっしゃる事が理解できる様になりました。

recommend

アルケミスト
アルケミスト (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子, 平尾 香
最近読んだ本の中で、特に感銘を受けた一冊です。老若男女を問わずお奨めです・・・

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM